大阪栄光学園からのお知らせ|栄光学園

サイトマップ

学校訪問記 佐野工科高等学校

“ものづくりのスペシャリスト”を目指して!

DSCN03235月19日(金)、府立佐野工科高校を訪問し、学校の特色と入試傾向について伺ってきました。
南海泉佐野駅から徒歩5分位に位置し、工業技術の取得を目標に、産業創造系、機械系、電気系に分かれ2年からは自分の適性や興味・関心に合わせて系・専科を選ぶことができます。いろいろな実習があり、生徒が目を輝かせて取り組んでいました。

POINT 1 各種検定・資格取得を応援!
危険物取扱者、アーク・ガス溶接技能講習、情報技術検定、計算技術 検定、色彩検定、第2種電気工事士等DSCN0325

POINT 2 優良企業への就職が有利!
約450社からの求人があり、専門技術者として各方面で活躍。

POINT 3 大学・短大等の進学が可能!
選択科目に進学対策の英語・数学などの科目を設け、主に特別推薦毎年10名程4年生大学への進学者

(渡邊)

 

『岸和田高校学校見学会』の報告

2017年4月22日に岸和田高等学校の学校説明会・見学会が行われました。三国丘とともに公立校旧4学区のトップ校であり、人気も高く、今回の説明会では、塾生および塾生の保護者の方は、栄光学園も属する泉州私塾連合会加盟塾から30名以上、他の団体塾からもたくさん参加し、関心の高さが見られました。

IMG_8539 IMG_8536

IMG_8560 IMG_8545

岸和田高校は開校120年目の節目の年、大阪南部の公立トップ校として、時代の変化や発展する社会を見据えた教育を実践し続けています。人文科学・社会科学の領域を深く学びながら、難関大学への進学を目指しています。

☆ グローバル・リーダーズ・ハイスクール(GLHS)指定校
☆ スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校

(鈴木)

 No.17 “夢”は人生の原動力

子供の頃の夢は、突拍子のないものや単なる憧れだったりするものも多く、だんだん成長していくなか、自分の成績や人間関係、周りの環境などでまさに“夢物語”に終わる場合も多いものです。

教え子の子供たちに夢・将来を聞いてみると、大抵「わからない」「決まっていない」と返ってきます。好き嫌い、関心無関心はある程度やむを得ませんが残念なところ。

では子供が見出す小さなきっかけはどこにあるのでしょう?家族や友達との何気ない会話の中から“夢のかけら”が見つかるかもしれません。テレビドラマの中にそれがあったり、アイドル歌手の歌う歌詞の中にあったりするかもしれません。

ある調査によると、小さい時になりたかった職業、仕事に就いているという人の割合は「望んだ仕事に就いた」9%、「それに関連する仕事に就いた」13%と、全体の22%を占める程度。しかし逆にみると、約5人に1人が子供の頃からの夢を叶えており、希望が持てるとも言えます。

子供達には、夢や希望を持ち、それを叶えてほしいと願いますが、成長するにつれて夢への距離が判りだし、現実の中で将来実現しそうかどうかを気付くときが来ます。そのまま向かう人、新たな夢に進みはじめる人。それぞれに描く夢は、人生を大きく動かす原動力となります。(鈴木)

「ニュースせんなん」掲載 4.8

高校入試が終わって

1月末の和歌山私立高、2月10日の大阪私立高、2月20日・21日の特別入学者選抜、そして3月9日の一般入試と続いた入試シーズンもようやく終わりました。

子ども達の進む道はそれぞれですが、今まで学んできたこと、出会ってきた人達とのふれ合い、そしてご家族への感謝等、多感な時期を過ごしてきた生徒の心の中に忘れずに残っていくことでしょう。

HD187_72A

HD179_72A

義務教育から、自立した責任のある環境に進んで行く中で、いろんな人に出会い、たくさんの知識を得て、時にはツラいことにも出くわすかも知れません。ただ、大人になる過程の中では何ひとつ糧にならないものはないと信じています。これからの未来にエールを送ります。(鈴木)

 

 

今月の「おもしろ実験教室」~スライム

今学年最終回の「おもしろ実験教室」は「スライム・高分子の化学実験」でした。子ども達にスライム作りは毎回大好評で、とても楽しく、そして化学の不思議さに驚きの目で参加してくれました。

IMG_8421

「スライム」とは本来、ある種の性状を持ったどろどろした物質を大ざっぱに指す言葉でしたが、人工的に玩具や、教材として子ども達に楽しんでもらえるようにわりと簡単に手に入る材料を用意しました。

ちょうどいい固さのスライムを作るのはなかなか難しく、何度も試しながら自分自身でいい感じの出来になりました。

IMG_8429

来月からの新学年「おもしろ実験教室」にもどんどん参加してください。

(鈴木)

私立高校入試結果 全員合格!

1月末の和歌山私立高校、2月10日の大阪私立高校の各入試が終わり、塾生の全員が見事合格を勝ち取ることができました。専願合格の生徒は無事に高校生切符を手に入れたことになります。4月の入学式までにしっかり気持ちの準備をしておいてください。

Print

公立高校入試が3月9日(木)に控えています。受験生にとっては正念場のラストスパートです。最後まで強い意志を持って頑張ってください。

ガンバレ受験生!

(鈴木)

 

 

 

第3回 漢字検定

パソコンやメール・ラインなどデジタル媒体が全盛の現在、以前より増して日本語、特に漢字の意義が見直されてきています。本学園でも国語学習だけでなく一般教養の習得として、年2回準会場実施をしています。

DSCN0246

受験級は10級から1級まであり、読み書き、筆順・対義語・類義語など総合的な漢字力を問われます。塾生だけでなく一般の受験生も多く参加しました。(鈴木)

DSCN0247

DSCN0248

公開補講 実施

いよいよ受験が近づいてきました。本日は入試に出題必須単元である理科の「化学変化」の公開補講特訓(一般生も無料参加)を行い、たくさんの生徒が参加しました。

 DSCN2010

「化学変化」の単元は、理科の1分野でも苦手な生徒が多く苦戦する場合が多いのですが、原子の動きをアニメキャラクターの映像などを使ったわかり易い説明を受け、化学反応式などスッキリ頭の中に入ったようでした。

 DSCN2007

入試まであと少し。最後までしっかりがんばってほしいですね。(鈴木)

いよいよラストスパート!

受験生にとって大事な大事な冬がやって来ました。まさしく正念場の冬です。この冬に「何をするか」、この冬を「どう過ごすか」が大きく入試を左右します。

今年は例年になくインフルエンザやノロウィルスなどが大流行しており、体調管理にも十分気を付けなければなりません。

 _xmas_season

1月中旬の中学入試・大学センター入試に始まり、私立高校入試、公立高校入試と続きます。今までの学習の集大成として、悔いの残らない冬休みを過ごしてください。

(鈴木)

No.16 叱ること・ほめること

2841410680392704efc2abf70cb9c600_s

子どもの失敗に思わず失望や怒りの感情をぶつけてしまいがちです。短所ばかりが目につき、気にすれば余計にどんな些細なことにでも腹が立ってしまいます。

叱り方にもいろいろ。決めつけや八方塞がりの気持ちにさせるのは良くありません。同じことを何度もくどくど繰り返すことは、子どもの意欲を萎えさせてしまいます。

約束したこと、決めたルールを破ってしまったことに対しての叱りは必要。「そういえば前にも…」以前のことをぶり返すのは、子どもの反発を呼び、逆切れをもさせてしまうきっかけにもなります。

子どもの長所、プラス面を多く見つけ評価すること、そして何よりそれを「言葉」として伝えること。成長する過程で、叱られる言葉同様、誉められる言葉も絶対に必要です。

目標が達成できなくても、その途中過程の頑張りが見えた時にかけるひと言は、次のヤル気を生みます。自主性が芽生える年ごろ、子どもの可能性を伸ばし意欲を育む方向に導いていきたいものです。(鈴木)

ニュース泉南12/3号掲載