サイトマップ

オピニオン

No.11 大切な”学ぶきっかけ作り”

コメント

15歳未満の子供の数は33年連続で減少し、今年の総務省の発表では前年比、16万人減です。同時に、一つの家庭の子供数も減り少子化傾向はますます続いています。子供達の学習と成長に関わる場に関わる私達の務めは、貴重な将来の担い手である子供達の持つ可能性を見いだし、それを少しでも伸ばしていく環境作りです。
「環境が人を作る」という言葉があります。環境が子供の成長に与える影響は決して小さくありません。この先どんな分野に興味を持ち、どのような世界で力を十分に発揮し活躍することができるか。好奇心に溢れ吸収力の高い年代に色々な機会に触れさせ、興味のあることや好きなことにどんどん積極的にトライしてみると自分に適する道が見えてきます。それが将来に繋がる道筋になります。
例えば様々な体験教室に参加してみる。塾などの勉強会だけでなくスイミングやダンス、楽器、理科実験教室やロボット教室などであっても。それらの中に、今は気づかなくとも大きく実のなる種を見つけることが出来るかも知れません。幼少の時に出合えた、あるきっかけを基に大きく飛躍の道を進んでいる人が大成した人の中には数多くいます。
身の周りのチャンスを見つけて可能性を探してください。(教務 鈴木)