サイトマップ

月別アーカイブ: 2017年12月

今月の「おもしろ実験教室」

クリスマスも近づいて街中にもちらほらイルミネーションが見られるようになってきました。本日の実験教室は「自分でオリジナル・イルミネーションをつくってみよう!」でした。

DSCN3331 DSCN3339 DSCN3340 DSCN3343

箱の中に適当な長さに切った光ファイバーを通し自分で工夫しながらイルミネーションを完成させました。

DSCN3345 DSCN3343 DSCN3346 DSCN3347

(鈴木)

 No.19「面接試験」で何を見るの??

「氏名、志望動機を言ってください。」

一般的に、会社に就職する際に「面接」が課せられますが、受験においても、学科試験のほかに面接試験がある学校があります。特に私立校入試で(専願受験はほとんど)実施されています。形態は、面接官数人対受験生一人、または面接官対受験生数人(グループ)がほとんどです。まれにグループでディスカッションをして自分の意見や考えを伝える形式もあります。

☆面接官の知りたいこと、見たいところって?

もちろんその学校独自の判断基準はありますが、基本的に一番は受験生の意欲で、どれだけこの学校に来たいかが感じ取れるかです。他には、言葉遣いや身なりから、入学してからちゃんと頑張れるかなどを見るわけですが、実際の質問事例の多くは「志望動機」「中学校で頑張ったこと」「将来の夢」などです。また宗教が母体学校では、その行事参加の確認もあります。

しかし、多くの生徒にとって面接試験は初めてで、しかも相手は受験校の面接官です。緊張してうまく話せないのが普通です。「完璧な敬語を使わなければ…」と意識過剰にならず丁寧に自分の言いたいことをきちんと伝えることが大切です。上がってしまって、言葉をかんだりちょっとおかしな言葉遣いになったりしても、それほど心配はいりません。自分の言葉ではきはきと答えてください。(ニュース泉南 12/9号掲載)

(鈴木)